HOME » 学会参加報告

270件中 1~10件を表示

2022年3月25日 | 投稿者:

インタラクション 2022

野﨑颯人(立命館大学)  インタラクション2022は2022年2月28日から3月2日にかけて3日間開催された.本シンポジウムは1997年より毎年開催され,今年で26回目の開催となる.当所,東京・学術総合センター内一橋講堂 … (続きを読む)

2022年1月26日 | 投稿者:

VRST2021

大西悠貴(東北大学) 12月8日(水)~12月10日(金)にかけて,The 27nd ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST2021) … (続きを読む)

2022年1月26日 | 投稿者:

IDW’21

田口遼斗(徳島大学) 今回のThe 28th International Display Workshop 2021(以降IDW’21)は12月1日(水)から12月3日(金)の3日間に渡り開催された.昨年に続き,COVI … (続きを読む)

2022年1月24日 | 投稿者:

第26回大会長報告

大会長  野間春生, 木村朝子(立命館大学) “今年は会いたい!” 第26回大会はこれを目標として企画・運営を進めて参りました。まずは多様な形で御参加頂けた皆様にお礼を申し上げます。  遡ること仙台での第23回大会の折に … (続きを読む)

2021年12月24日 | 投稿者:

ISS 2021

工藤義礎(東北大学 )  2021年11月14日(日)〜17日(水)の4日間にわたり,The 2021 ACM Interactive Surfaces and Spaces Conference (ISS 2021) … (続きを読む)

2021年11月23日 | 投稿者:

CHI PLAY 2021

濱田健夫(東京大学)  ゲームや遊び全般に関するHCIの国際会議であるCHI PLAY 2021は,2021年10月18日から21日にかけてオンライン開催された.本年からの大きな変更点として,査読のプロセスが一新され,採 … (続きを読む)

2021年11月23日 | 投稿者:

Cybernetic being symposium

畑田裕二(東京大学)  2021年10月15日、サイバネティック・アバター技術が生み出す未来社会とその可能性を議論するシンポジウム「Cybernetic being symposium」が、SHIBUYA QWSとオンラ … (続きを読む)

2021年11月23日 | 投稿者:

UIST 2021

山村亮介(mercari R4D)  ユーザーインタフェースに関するカンファレンスUIST2021は29ヶ国から565人の参加者を集めオンライン上で10月10日から10月14日の5日間開催された. CHI2021と同じく … (続きを読む)

2021年11月2日 | 投稿者:

ヒューマンインタフェースシンポジウム2021

細野美奈子((国研)産業技術総合研究所)  本シンポジウムは新型コロナウイルス感染症の影響により,昨年に引き続きオン ライン形式で9月15日から17日までの3日間開催された.シンポジウムでは,従来の ポスター発表に代わり … (続きを読む)

2021年8月25日 | 投稿者:

HCII 2021

岡 時生(電気通信大学)  今回のHuman-Computer Interaction International 2021(以降HCII 2021)は全てオンライン上で,7月24日(土)から29日(木)の6日間開催され … (続きを読む)

前のページ