HOME » 論文誌 » 特集号のおしらせ

特集号のおしらせ

最終更新日: 2024/02/21

投稿募集中の特集 1

【メタバースとVR】(締切日延長しました)

申込締切
2024年2月13日(火)→2月22日(木)
論文締切
2024年2月20日(火)→2月27日(火)
掲載予定
第29巻3号(2024年9月末発行)
投稿サイト
事前申込
論文提出

投稿募集中の特集 2

【マルチモーダル/クロスモーダル(仮)】

申込締切
2024年5月上旬
論文締切
2024年5月中旬
掲載予定
第29巻4号(2024年12月末発行)
投稿サイト
事前申込
論文提出

今後の特集予定 1

【人間拡張(仮)】

申込締切
2024年8上中旬
論文締切
2024年8月中旬
掲載予定
第30巻1号(2025年3月末発行)
投稿サイト
事前申込
論文提出

今後の特集予定 2

【つかうVR(仮)】

申込締切
2024年11月上旬
論文締切
2024年11月中旬
掲載予定
第30巻2号(2025年6月末発行)
投稿サイト
事前申込
論文提出

※一般論文は随時受付しております. →投稿について 過去の特集号については こちら をご覧ください.

【重要】2017年3月末発行のVol.22 No.1より,論文誌は電子発行となりました(J-STAGE).Vol.22 No.1以降に掲載される場合は,論文誌の印刷・別刷りの送付はありませんので,ご了承のうえ投稿ください.電子化前と掲載料に変更はありません.カラー掲載の別途費用は不要となりました.(白黒でもカラーでも掲載料が同額です) 2017年5月29日追記

投稿募集中の特集 1

テーマ 「メタバースと VR」
締切 ◆投稿申込締切:2024年2月13日(火))→2 月22 日(木)
◆論文提出締切:2024年2月20日(火))→2 月27 日(火)
概要

新型コロナウィルス感染症の流行拡大と同時期に頻繁に耳にするようになった「メタバース」は、今でも多様に定義がなされており、その意味が一意に定まっていません。一方で、メタバースという広い概念の下で、メタバースプラットフォームに関する技術的な研究やそれらのプラットフォーム内で行われるコミュニケーションを含めた多様な活動に関する研究、その空間内で築かれている多様な社会に関する研究、メタバース内での身体であるアバタに関する研究等が盛んに行われるようになってきました。
メタバースとVRとの関係性についても、様々な議論が見られ、メタバースに必ずしもVRの要素は含まれないという意見もみられます。しかしながら、メタバースという言葉が初めて登場した小説「Snow Crash」、メタバースブームを巻き起こした Second Life、本学会編・発行の書籍であるバーチャルリアリティ学(コロナ社)におけるメタバースの記述、Facebook社がOculus社を買収してMeta社へ社名変更した経緯、メタバースは歴史的にVRと密接な関係があることは疑いようのない事実です。
メタバースという言葉の流行と概念の多様な再定義が行われてきた近年において、メタバースと非常に密接な概念であるVRを専門とする日本バーチャルリアリティ学会の研究者が、どのような考えに基づいて、このメタバースというテーマを研究しているのかを学術論文としてまとめる事には学術的・社会的に大きな意義があるものと考えられます。
そこで、この度本学会では初めて、メタバースを大きなテーマとして掲げた特集号である、「メタバースと VR」特集号を企画する事となりました。研究者の皆様の積極的な投稿をお待ちしております。
なお、言語は、日本語、英語、いずれでも投稿可能です。

ゲストエディタ 伊藤 研一郎(東京大学)
安藤 英由樹(大阪芸術大学)
雨宮 智浩(東京大学)
青山 一真(群馬大学)
中野 萌士(東京大学)
対象分野 メタバースならびに VR に関する理論的・実証的研究、各種応用システム開発やコンテンツ製作、プラットフォーム開発に関する研究。メタバースや VR ソーシャルネットワークサービス(SNS)の利用やそれらの中で発達してきた文化や社会に関する調査研究,観察研究。メタバースや VR に応用しうる基礎技術に関する研究,総説論文など、広く募集します。
・メタバースプラットフォームに関する基盤研究(CG、ネットワーク、アルゴリズムなど)
・メタバースプラットフォームや VRSNS 内の文化・社会に関する調査・観察研究
・アバタやバーチャルな空間がもたらす効果に関する研究
・メタバースや VR に関連したセンシングシステムに関する研究・評価
・メタバース・VR のための 3D ディスプレイやハプティック・ディスプレイ
・メタバースの医療・福祉,建築・都市計画,教育・娯楽,生産・保守等への応用例
・メタバースを用いたアート、エンターテインメント作品(コンテンツ)
・メタバースや VR が社会に与える影響に関する展望・評論
・その他,上記に関連する要素技術
提出先 論文投稿サイト:https://mc.manuscriptcentral.com/tvrsj
お問い合わせ 日本バーチャルリアリティ学会編集事務局(vrsj-edit[at]bunken.co.jp)

投稿募集中の特集 2

テーマ 「マルチモーダル/クロスモーダル(仮)」
締切 ◆申込締切:2024年5月上旬
◆論文締切:2024年5月中旬
お問い合わせ 日本バーチャルリアリティ学会編集事務局(vrsj-edit[at]bunken.co.jp)

今後の特集予定 1

テーマ 「人間拡張(仮)」
締切 ◆申込締切:2024年8月上旬
◆論文締切:2024年8月中旬
お問い合わせ 日本バーチャルリアリティ学会編集事務局(vrsj-edit[at]bunken.co.jp)

今後の特集予定 2

テーマ 「つかうVR(仮)」
締切 ◆申込締切:2024年11月上旬
◆論文締切:2024年11月中旬
お問い合わせ 日本バーチャルリアリティ学会編集事務局(vrsj-edit[at]bunken.co.jp)